カテゴリ
全体
SPORTS
travel
ART
books
カメラ
気になるMONO
気になるKOTO
未分類
お気に入りブログ
sudigital af...
COSYDESIGN*C...
今日マチ子のセンネン画報
光と遊ぶ
happy *riko*...
=この道はいつか来た道=
書道家蓮花の きょうの筆文字
一日一膳
なのだ的休日の過ごし方。
すずちゃんのカメラ!かめ...
鞄の中身
Precious*恋するカメラ
節操のない写真館
写真日記
木彫りの熊 Photo ...
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月


翻訳というおしごと
c0055882_20284533.jpg

ちょっとした出版イベント行ってきました。 実川元子さんの「翻訳というおしごと」刊行記念。

翻訳という仕事がどんなものか? 異業種の仕事に興味があったこともあって。
海外の書籍も普通に日本語で読んでますし、ネットニュースが翻訳されるのも知らぬ間です。映画の字幕、吹き替え等々、とにかく翻訳という存在は空気みたいに当たり前のモノになってると感じます。

医療ITの仕事をしてる関係で技術書はほぼ翻訳本。海外の検査機器やら海外販売している製品は全て翻訳が絡んできます。自分でペラペラと話せないし、人に伝えられれるほど技量があるわけでもなく、翻訳してくれる人がいないと成り立たない仕事も多かったりします。

 そんな翻訳業のこと、聞いてみて、本を読んでみて、まったく知らない世界でした。

仕事をする上で自分のバイブルである「7つの習慣」。去年だか新訳本が出たんですね。原書は同じで翻訳だけが新しくなって。読んでみて驚きました。読みやすく別物でした。
 書籍ってアートだと思ってます。原書それを日本語の書籍にすることももちろんアートです。
日頃、同じものを見ていても、そのレポートは百人十色。

 外国語は会話や文章の塊を捉えてニュアンスを汲み取ることが大事になってる気がします。単語が一対一で表現できるなら、こんなに日本人の英語力は劣ってないはずです。
 だからそれを日本語で表現しようとした時に、翻訳者のセンスや日本語力が非常に重要な職業なんだろうと思いました。
村上春樹さんが訳された書籍は、やっぱ村上春樹だったりしますからね。

多分、それはその通りで、その難しく職人的な技量にそれなりの報酬が得られないことが今の翻訳者の課題なんでしょうね。

「トライアル」という言葉も新鮮でした。仕事を受ける前にお試しされる。僕らも外部の会社へ仕事をお願いする時にも同様のことをやります。ただそれは有償の仕事としてお願いします。でも翻訳者のトライアルは、おそらく無償だと思います。シビアな世界だね。

 そういうシビアな世界で生きられてる方は、筋トレと称する、日々のトレーニングを欠かさないそうです。
普通に出来ることを365日続けること、それがプロになれるかどうかですと。
かっこいいと思いました。ただそれはそうなんだけど、それを苦労と思っていないのは、好きだからという以前に、好きだという度合いが尋常ではない気がしたんですね。好きなことを仕事にするということの大変さと偉大さを感じた言葉でもありました。

日本語への翻訳というニーズを考えると、日本の人口が減るとそれだけ需要は減ります。
活字離れが進むと書籍の販売数が減少します。
活字にお金を払うという価値観も減少してるという感じ。

多分、未来に向けて翻訳者の状況は厳しいんだろうと思います。
でもね、日本人が海外へ出向く機会は絶対的に増えてます。
海外の方が日本語の意味や日本人を理解したいと思う状況はそれに比例して増えている気もします。
なんかね、そのあたりに翻訳者の方の未来があるような気がしたんですね。

頑張って欲しいと思います。
[PR]
by santabreak | 2016-12-18 20:33 | ART
<< 2016年のガンバは、まったりな感じ 秋ですね >>




サッカー好きのガンバサポ。FIAT500とハーレーローライダー(FXDL)とトリッカー、それにビアンキのフレッタが愛車です。空が見えない乗りも物はどうも苦手。そんな日常をGR-DとE-M1それにE-3で。 Fromさんた
by santabreak
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
(543)
(380)
(126)
(116)
(97)
(77)
(75)
(75)
(40)
(35)
(22)
(5)
(3)
(2)
(1)
Link
検索
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング