カテゴリ
全体
SPORTS
travel
ART
books
カメラ
気になるMONO
気になるKOTO
未分類
お気に入りブログ
sudigital af...
COSYDESIGN*C...
今日マチ子のセンネン画報
光と遊ぶ
happy *riko*...
=この道はいつか来た道=
書道家蓮花の きょうの筆文字
一日一膳
なのだ的休日の過ごし方。
すずちゃんのカメラ!かめ...
鞄の中身
Precious*恋するカメラ
節操のない写真館
写真日記
木彫りの熊 Photo ...
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月


<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
オルセー美術館 (パリ)
c0055882_21324612.jpg

 鉄道の駅舎をそのまま使った美術館だそうです。ルーブルのスケールに較べれば小さな印象ありますけど、充分でかい。川を挟んだ向こうにはルーブルが見えるし、印象派の殿堂というコピーも頷ける程、日本人好み(?)の絵が満載です。学校の教科書で見た事のある絵もあっちこっちにあって、それだけで充分凄いんだろうなぁってのが解ります。
 ここでとっても気になったのが、シスレーって人の絵。空と水の色が、ほんわか系で、あれって思うと、この人だったです。 後ねモネかな。そんなに好きって程でもなかったけど、実物をまざまざ見てると、綺麗なんですよね。近寄ると、まるっきり絵じゃないけど、離れると絵になってる。この感動はマルモッタン行って更にパワーアップ。
 ルーブルが少し重い感じがしたのと対照的に、オルセーって、どことなくカジュアルな感じを受けました。どっちも好きで、どっちも凄いんだけどね。
 また行きたいかって聞かれりゃ間違いなく頷くでしょうね、どっちも。
c0055882_2133460.jpg

c0055882_21332635.jpg

この絵が一番好きだったです。
[PR]
by santabreak | 2005-08-31 21:55 | ART
第21節 ガンバvs横浜Fマリノス
c0055882_23531325.jpg

「これが勢いなんだろうね」終わった瞬間真っ先に浮かんだ言葉。この試合終えても残り13試合。まだ優勝争いがどうのこうの云う時期じゃないんだろうけど、やっぱり云っちゃうよね。今まではね大切な勝負時に、簡単に負けちゃうから、世間的にも記憶に残ってないチームだと思われてるんだろうなぁって。ただ今年は全然違う、勢いが。 今日も先制を許すも追いつき追い越し。また追いつかれたけど、ロスタイムに突き放し。見てて是ほど面白い展開はないですよね。そんな試合やってますガンバ。
 今日のマリノスの前半の守備は完璧だったです。こりゃ手強い。だけど結果は、これです。 ミスもあったけど、前節のジュビロ、そして今日のマリノスと、気持ちよく叩きのめしてくれて感謝感謝です。
 スタジアムにいてね、優勝ってゴールに向かう風、感じましたね。まだ微風だけど、確かに。
 こうなれば、リーグもナビスコも、狙いましょう!! みなさん応援よろしく

写真:最近のバックスタンド側は、いつも満席です。

※ガンバ 3-2 横浜Fマリノス
[PR]
by santabreak | 2005-08-28 00:13 | SPORTS
ルーブル美術館 (パリ)
c0055882_222125100.jpg

 地下鉄の駅降りて、人の流れに任せるままに突き進むと、逆ピラミッドが目の前に。ピラミッドを外から眺めながらって光景を期待してたので、地下からいきなりの入場で、少しがっかり。とはいえ朝10時前なのに、人多すぎ。地図を見ながら、あっちこっち見て回ったけど、広すぎるし人多いしで異様に疲れます。結局1日かけても回りきれず。二日かけて回りました。二日目はね土地勘(?)出来てるから、とっても楽。
 朝9時過ぎに目指せルーベンス。モナリザのある方向とは間逆のためか、人も閑散としてて、ゆっくり見れました。ネロが死ぬほど見たかったルーベンスを独り占めの贅沢(^^V 大好きなレンブランドもね。
 まぁ世界一って云われるだけあって、広さにも圧倒されますけど、絵画の数も半端じゃないですね。じっくり見るなら、一週間あっても足らないんじゃいかなぁ。
 ツアーとかで、来るとこじゃないのかもですね。 時間足らなくて欲求不満に陥ると思います。
 静かに見るなら、午前中がお勧めかな。 なことガイドブック見れば解るってね(笑)

しかし、あのデッカイ絵達はどこから入れたんだろうね??
[PR]
by santabreak | 2005-08-25 22:37 | ART
ダリ美術館 (パリ)
c0055882_21165847.jpg

 パリをずど~んと見渡せるサクレ・クール寺院の側、モンマルトルで似顔絵を描く光景が見れる人通りの多い通りから道一本外れた場所にありました、ダリ美術館。 スペインにある、ダリ劇場と同様な外観を期待してたけど、あっさり裏切られるくらい質素な経たずまい。パリでの観光に便利なカルトミュゼは使えないので宿泊ホテルでたまたま見つけたディスカウント付きのパンフレット1枚を受付で見せると、「あん?」って聞かれる。一枚かって事。「うい」って答えると、一人だけ割引きの料金。二枚とってくるんだったって後悔(^^;、まぁ少しは安くなったからOK。受付を抜け、薄暗い地下へ続く階段を下りると美術館の始まり。
 ん~期待が大きかったからか、かなり消化不良でした。ダリって感じの絵は満載なんだけど、インパクトが少なかったです。 スペインのダリ劇場を映像で見た印象からするとかなりのスケールダウン。 それと、ダリのセンスって自分には、生理的に受け付けないのかもしれないです。 滅茶苦茶嫌って感じでもないけど、素直に入っていけない、気難しさを感じて仕方無かったですかね。
とはいえ、不思議な感覚を感じましたね。
[PR]
by santabreak | 2005-08-23 21:40 | ART
ギュスターブ・モロー美術館(パリ)
c0055882_20243584.jpg

こりゃ~見過ごしちゃうねって場所に、ひっそりとありました。案内はあるんだけどね。モローさん、兵庫県立美術館に結構な数の絵が来日してたから、スカスカな空間を、心配してましたが、全く問題無し。所蔵してる数の桁が違うんだろうね。 アトリエだか、自宅を、そのままにしてる美術館。2階は、美術館というより記念館って感じで、絵を見るよりも住居を見る感じ。ちょっと期待外れの感を抱きつつ、3階へ。ここからが圧巻。壁にかけてあるだけじゃなくて、何重にもなってる開閉扉の裏表にラフスケッチなんかの絵が、惜しげもなくびっしり飾ってあって。それ見てるだけでもニコニコ。もう満腹って思ってると、螺旋階段があるのに気づき、4階へ。まぁ~そこも凄かったですね。 で、驚いてる写真がこれです(^^; モローさんが身近に感じられたってだけでも良かったのかもだけど。書きかけだかのデッサンを見てると、如何にこの人が努力してたかって解ってとっても嬉しかったですね、天才も努力してんだってね。
 ここ、パリ観光で外しちゃ不味いよねってくらい、自分にとっては良かったです。
[PR]
by santabreak | 2005-08-21 20:26 | ART
ピカソ美術館 (パリ)
c0055882_22413670.jpg

「ドゥ カルネ シルブプレ」。 地下鉄の回数券を2セットゲットするために使った初のフランス語(^^; ちゃんと通じた事わかって、ルンルンしながら地下鉄で、ピカソ美術館目指しました。
 パリは地下鉄が便利みたいです。
小学生の時、変な絵を描いたら、ピカソ見たいって云われるのが常。決して褒め言葉じゃありませんでした。
 恐らく日本で一番有名な画家なんじゃないかなぁ? 自分がそうでしたらね。モナリザを誰が書いたのか知らないけど、変な絵を描くピカソは知ってたと思うし。
よく解らないけど、なんか凄い。ってのがピカソに思う印象。 でも普通にデッサンしてる初期の絵とかは、巧いですよね。これだからアートは解りません。
 全体的にクラシックな建物なんだけど、何処と無くモダンな感じを受けるのは、ピカソだからなんでしょうかね。 ざっ~と2時間ばかり。朝早くで、人が少なかったのもあって充分堪能できたと思います。
 変な絵って印象は変わらないけど、パワーを感じるのは、凄いことですね。
[PR]
by santabreak | 2005-08-20 22:42 | ART
サイン
c0055882_22164821.jpg

サイン色紙ゲットしました
「宮本、遠藤、大黒」 嬉しいです
[PR]
by santabreak | 2005-08-20 22:19 | SPORTS
当選 ガンバ観戦チケット 鹿島戦
c0055882_22425623.jpg

なんだか怖いくらい 当たりまくってます
旅行から帰ったらポストに入ってました
「ガンバvsアントラーズ戦のチケットペア券」 それも二枚 だから 4人分。
多分 A席だと思うんだけど、SBとかならいいなぁ~
電話して聞いてみよっと・・

8/17 確認とれました
な~んと、SB席でした(^^)/ 
[PR]
by santabreak | 2005-08-13 22:48 | SPORTS
PARI
c0055882_1812379.jpg

パリへ行ってきました。 趣味でもある美術館漬けで身も心もリフレッシュ。
 今回の旅行には、一眼レフのデジカメ「オリンパスE-300」も一緒。 D50、Ist、Kissと、今売り出し中のデジタル一眼レフを物色中に、たまたま知ったE-300。重いし今時風じゃないけど、飽きそうに無いスタイルと一眼にしては実売の安さで決断。と云っても半年以上悩んでましたが(^^;

 このカメラ、シャッター音がとっても素敵で、撮る楽しみを久々に感じちゃって、めちゃんこベリーナイスな旅のお供でした。それにバッテリーの持ちにはびっくり、500枚撮ってもまだまだ余裕。 写真はね、空の色が別物。見たまんまの空が写ってるって感じがナイス。
 普段はGX、撮るぞって時にはE-300。しばらくこのスタイルかなぁ(^^V

まずはこれ
パリと云えばここかな、エッフェル塔。オープンデッキの二階建バスからの眺めは、迫力充分。
このバス、パリの名所をぐるぐる回ってて、乗り降り自由。 風と眺めが気持ちよくて、地下鉄で美術館巡りした、くたくたの身体を休めるのに、使わせてもらいました(^^;
[PR]
by santabreak | 2005-08-13 18:30 | travel




サッカー好きのガンバサポ。FIAT500とハーレーローライダー(FXDL)とトリッカー、それにビアンキのフレッタが愛車です。空が見えない乗りも物はどうも苦手。そんな日常をGR-DとE-M1それにE-3で。 Fromさんた
by santabreak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
(543)
(380)
(126)
(116)
(97)
(77)
(75)
(75)
(40)
(35)
(22)
(5)
(3)
(2)
(1)
Link
検索
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング