カテゴリ
全体
SPORTS
travel
ART
books
カメラ
気になるMONO
気になるKOTO
未分類
お気に入りブログ
sudigital af...
COSYDESIGN*C...
今日マチ子のセンネン画報
光と遊ぶ
happy *riko*...
=この道はいつか来た道=
書道家蓮花の きょうの筆文字
一日一膳
なのだ的休日の過ごし方。
すずちゃんのカメラ!かめ...
鞄の中身
Precious*恋するカメラ
節操のない写真館
写真日記
木彫りの熊 Photo ...
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月


タグ:映画 ( 75 ) タグの人気記事
エヴェレスト 神々の山嶺
c0055882_21171866.jpg

 こういう山岳映画を映画館で観る理由はなんなんだろう?
 圧倒的なスケールを感じたい。多分それだけかな。

 公開初日に見に行きましたが、ハズレでした・・・。
途中で眠くなるは、圧倒的なスケールを感じるコトも無く、古臭く興ざめな音楽にテンション下がりまくり。

「春を背負って」同様、どこを観るべきか?非常に悩ましい映画でした。

以上。
[PR]
by santabreak | 2016-03-12 21:18 | ART | Comments(0)
海難1890
 楽しみにしてましたこの映画。串本へツーリング行った際に、この事故のことを知りました。海難事故から生まれたトルコと日本の絆の物語。映画の中では「真心」ってキーワードが印象的で素晴らしい記録映画です。

 この映画観た日本人は、トルコが好きになるだろうし、トルコの人は日本人が好きになるはず。憎しみは争いを産み破壊に繋がる。心ある行動は暖かい心を育くむ。そんなわかりきったコトを、改めて教えてくれる映画でもあります。
中国や韓国の方とも、きっと似たような物語があると思うのね、是非、そういう皆が知らない真実が世に出るといいなと思いました。

後世に伝えられるコトを作れる仕事っていいね。

近いうちに、杉原千畝さんの映画も、観にいこうと思います。

新年早々ナイスな映画を見れて、いいスタートでした。
[PR]
by santabreak | 2016-01-09 09:43 | ART | Comments(0)
ビフォア・・・三部作は素晴らしい
1995年 ビフォア・サンライズ(恋人たちの距離)
2004年 ビフォア・サンセット
2013年 ビフォア・ミッドナイト

主演の二人の会話が楽しいある日をドラマ化した9年越しの三部作。
毎週末1部づつ観てみました。

ウィーン
パリ
ギリシャ

9年の時間を経た背景は、出演者も同じ。
北の国からみたいに、映画と一緒に出演者も歳を重ねている。
内容と会話にリアリティがあって、ずっとカメラをまわし続けるんだけど、その自然な演技に本物の映画を観た感じ。
1作目観たら、その後が知りたくて2作目、さらに3作目を観ちゃったって感じ。
ドラマの中の疑問は次回作で、解明してくれる感じも良かった。

古い友人と9年ぶりにあって会話の中から、その間の事をゆっくりと埋めていく感じ。
面白いかったなぁ。
最近観た映画の中じゃダントツにおすすめの映画ですね。
[PR]
by santabreak | 2015-02-11 22:58 | ART | Comments(0)
ネクストゴール
c0055882_22244530.jpg

 いい映画でした。
すべてのサッカー好きに。そして一歩ずつ夢に向かってる人すべてに観てほしいなぁって思いました。 東京と大阪で2週間限定上映らしいですね。
 コマーシャリズム全盛の時代です。良い物が売れるとは限らない。だから売れてるモノが良い物だとも限らない。自分の価値観で良い物、悪いモノって選択できる感性は大事だなって改めて思った次第。

「永遠の0」見終わった後のこと思い出しました。
これが売れてる? これが面白い?名作? 確かに解りやすい感動作品だったね。でも、その解りやすさとか、感動させちゃうぞって演出が見えた瞬間から、これは僕的にはダメでその後は、もう気持ち悪さしか残らなかった。

その間逆な映画ですね。これは。多分、売れない映画です。でも皆に観て欲しい映画でした。

サッカー批評に「サッカー後進国奮闘記」って記事があります。Up Pohnpeiってポンペイ代表監督が書いた本を題材にしたモノ。 非常に読みたくなりましたが、まだ和訳は出てないみたいです。
多分ね、良いと思うのね、読めないのが残念なんだけど。
[PR]
by santabreak | 2014-05-19 22:28 | ART | Comments(0)
ラッシュ
c0055882_1943955.jpg

 あの時代のF1といえば、マクラーレンだったね。ティレルの6輪もちょこっと出てたりして、ほんとリアリティ満載で懐かしさ感じる映画でした。
ラウダとハント以外のドライバーは、まったく絡みがありません。潔いくらいこの二人を中心にドラマが進みます。なので話そのものはとっても簡潔で解りやすい。実話をもとに作られたらしいけど、ハントのはちゃめちゃっぷりは驚きでもあるけど、あーいう世界だから、あるわねって納得しちゃうとこが凄い。
 レースシーンは、カメラワークが多彩でスリリング。F1マニアが観たら卒倒するんじゃないかと思えるほどマニアックにリアリティを追求してる。レース映像が入るとアニメチックになっちゃう映画が多い中、この映像は素晴らしいです。
 監督のセンスなんでしょうね。

 セナとマンセルのドラマが観てみたいなぁって終わった後に思うほど。
 これ、オススメです。
[PR]
by santabreak | 2014-02-08 19:44 | ART | Comments(0)
Planes

映像が素敵なアニメ映画でした。

こういうのは大人目線であーだこーだツッコミ入れちゃダメなんだろね。
チキチキマシン猛レースとかきかんしゃトーマスを観て楽しめる子供の感性が必要なんだろうなぁと。
空の青さ、夕焼けの輝き、絵も綺麗だったね。
後半に出てくる自由の女神は爆笑もん。センスが素晴らしい。

ギャーギャー言いながら家族で楽しむ映画ですね。
うん、良かったよ
[PR]
by santabreak | 2014-01-19 17:32 | ART | Comments(0)
永遠の0
2014年一発目の映画です。

 サザンのエンディングが流れる中、湧き上がった想いは、これテレビで充分かなってコト。戦闘シーンなんて、何度も何度も同じシーンが使いまわされていて、テンション下がります。解りやすく感動させようとする演出も、僕的にはダメ。
 原作がよくても映画がイマイチな「終戦のローレライ」を思い出しちゃって、読んでない原作にはとっても興味が湧きました。

 戦争を体験した人と同じ精神状態にはなれない事はよく解っているし、少しでもそれを理解しようと試みるための映画だとしたら、良い映画だと思います。終戦記念日あたりにテレビ放映で観る。それでいいんじゃないかな。
 そんな感想です。
[PR]
by santabreak | 2014-01-03 22:16 | ART | Comments(2)
はやぶさ 遙かなる帰還
 今年の新作 3本目です。

キャストが、どうのって事とか、話題性とか、今回はどうでもよくて。見に行かなきゃって想いから見た映画でした。
20代の頃、宇宙制御の仕事をしてました。この映画ではそれほどクローズアップされてないけれど、解る人に解るこの映画の現場でもある鹿児島は内之浦、種子島、筑波など、ロケットに携わる人達には普通の場所でも仕事をしてました。 打ち上げの瞬間の、いろんな人達の悲喜こもごものドラマも身をもって実感してってこともあったので、ちょっと感慨深かった。

 「はやぶさ」は、残念ながら、知らないことがいっぱいなんだけど。 関係者の感動は、想像する以上のものがあると思います。 こういう事は当事者にならないと、ぜったい解らないものでもあります。

 NECの社員である技術者の気持ちもよくわかります。

ただスポンサーの手前、メーカーをクローズアップしないといけなかったんだろう事を想像できるけど、NECって事を全面に出した事、そこだけは残念だったかなぁ・・。

当事者と、そうでない人との温度差が、ある映画だと思います。
なんでもそうだけど感動するには、仕事も趣味も、当事者になるほうが絶対楽しい。そういうポジションに居続けようと思いました。


ん? ガンバが優勝した瞬間?。
心の底からガンバサポとして「12」を背負ってると感激は人一倍でしょ。 そういうこと。
[PR]
by santabreak | 2012-02-14 21:21 | 未分類 | Comments(0)
フレデリック・バックの映画
c0055882_21555413.jpg

 最近のお気に入りの街、神保町で映画見てきました。
フレデリック・バックって人が創ったアニメーション映画。10分から30分程の短編を4本。

 強烈な印象を残した「木を植えた男」。
CWニコルさんが、黒姫に移り住んで森を再生する事に力を注いでいる事実を知り、震えるくらい感動した事を思い出しました。
このアニメーションは、たった一人の男が、荒れ地を緑に変えていく姿を描いてます。
 信念も持って継続する姿勢に、感動しちゃうのは、それが簡単な事では無い事を皆が知ってるからなんだと思います。
こういうアニメは、是非とも子供達に見せて欲しい。
 
河と、そこで生きる生命と人間の馬鹿さ加減を描いた「大いなる河の流れ」、大切な物、心を描いた「クラック」、一緒にみた相棒がよく解らないって云ってたけど、人間が創られて滅んでいく過程を描いた「トゥ・リアン」。

 どれも、どこか考えさせられる事の多い、アニメーションでした。

今、東京都現代美術館で、「フレデリック・バック展」をやってるみたい。そっちも気になってます。



c0055882_21561151.jpg

[PR]
by santabreak | 2011-07-05 22:55 | ART | Comments(0)
阪急電車 片道15分の奇跡
 
c0055882_2326891.jpg

 お袋誘って観てきました。
電車と言えば、茶色。学生時代は阪急箕面沿線でしたから、この映画には親近感バリバリ感じます。導入部分がクドイ気がして、こりゃつまらんかなって思ったんだけど、その思いはすぐになくなります。
 文句なしで面白いです、この映画。 阪急沿線以外の人でも充分楽しめると思うんだけど・・。
あんな人や、こんな人が、電車を通して繰り広げるドラマ。ショートストーリーを繋ぎあわせただけじゃんって思えなくもないけど、結局、そういう事に気付かずに日常を過ごしてるんだから、いいと思う。
 そのひとつひとつがとっても心あったまるドラマだったしね。 
 この映画の良さは、優しい気持ちや、がんばろうって前を向ける力を気付かせてくれることにあるんだろうって思います。

 小説で、出てくる「生」。
 最後の最後にちゃんと出てますからお見逃しなく。(^^:
[PR]
by santabreak | 2011-05-08 23:40 | ART | Comments(0)




サッカー好きのガンバサポ。FIAT500とハーレーローライダー(FXDL)とトリッカー、それにビアンキのフレッタが愛車です。空が見えない乗りも物はどうも苦手。そんな日常をGR-DとE-M1それにE-3で。 Fromさんた
by santabreak
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
(543)
(380)
(126)
(116)
(97)
(77)
(75)
(75)
(40)
(35)
(22)
(5)
(3)
(2)
(1)
Link
検索
ライフログ
人気ジャンル
記事ランキング