カテゴリ
全体
SPORTS
travel
ART
books
カメラ
気になるMONO
気になるKOTO
未分類
お気に入りブログ
sudigital af...
COSYDESIGN*C...
今日マチ子のセンネン画報
光と遊ぶ
happy *riko*...
=この道はいつか来た道=
書道家蓮花の きょうの筆文字
一日一膳
なのだ的休日の過ごし方。
すずちゃんのカメラ!かめ...
鞄の中身
Precious*恋するカメラ
節操のない写真館
写真日記
木彫りの熊 Photo ...
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月


タグ:本 ( 75 ) タグの人気記事
翻訳というおしごと
c0055882_20284533.jpg

ちょっとした出版イベント行ってきました。 実川元子さんの「翻訳というおしごと」刊行記念。

翻訳という仕事がどんなものか? 異業種の仕事に興味があったこともあって。
海外の書籍も普通に日本語で読んでますし、ネットニュースが翻訳されるのも知らぬ間です。映画の字幕、吹き替え等々、とにかく翻訳という存在は空気みたいに当たり前のモノになってると感じます。

医療ITの仕事をしてる関係で技術書はほぼ翻訳本。海外の検査機器やら海外販売している製品は全て翻訳が絡んできます。自分でペラペラと話せないし、人に伝えられれるほど技量があるわけでもなく、翻訳してくれる人がいないと成り立たない仕事も多かったりします。

 そんな翻訳業のこと、聞いてみて、本を読んでみて、まったく知らない世界でした。

仕事をする上で自分のバイブルである「7つの習慣」。去年だか新訳本が出たんですね。原書は同じで翻訳だけが新しくなって。読んでみて驚きました。読みやすく別物でした。
 書籍ってアートだと思ってます。原書それを日本語の書籍にすることももちろんアートです。
日頃、同じものを見ていても、そのレポートは百人十色。

 外国語は会話や文章の塊を捉えてニュアンスを汲み取ることが大事になってる気がします。単語が一対一で表現できるなら、こんなに日本人の英語力は劣ってないはずです。
 だからそれを日本語で表現しようとした時に、翻訳者のセンスや日本語力が非常に重要な職業なんだろうと思いました。
村上春樹さんが訳された書籍は、やっぱ村上春樹だったりしますからね。

多分、それはその通りで、その難しく職人的な技量にそれなりの報酬が得られないことが今の翻訳者の課題なんでしょうね。

「トライアル」という言葉も新鮮でした。仕事を受ける前にお試しされる。僕らも外部の会社へ仕事をお願いする時にも同様のことをやります。ただそれは有償の仕事としてお願いします。でも翻訳者のトライアルは、おそらく無償だと思います。シビアな世界だね。

 そういうシビアな世界で生きられてる方は、筋トレと称する、日々のトレーニングを欠かさないそうです。
普通に出来ることを365日続けること、それがプロになれるかどうかですと。
かっこいいと思いました。ただそれはそうなんだけど、それを苦労と思っていないのは、好きだからという以前に、好きだという度合いが尋常ではない気がしたんですね。好きなことを仕事にするということの大変さと偉大さを感じた言葉でもありました。

日本語への翻訳というニーズを考えると、日本の人口が減るとそれだけ需要は減ります。
活字離れが進むと書籍の販売数が減少します。
活字にお金を払うという価値観も減少してるという感じ。

多分、未来に向けて翻訳者の状況は厳しいんだろうと思います。
でもね、日本人が海外へ出向く機会は絶対的に増えてます。
海外の方が日本語の意味や日本人を理解したいと思う状況はそれに比例して増えている気もします。
なんかね、そのあたりに翻訳者の方の未来があるような気がしたんですね。

頑張って欲しいと思います。
[PR]
by santabreak | 2016-12-18 20:33 | ART
日々の100
c0055882_923529.jpg

最近、ずっと体調がスッキリせず困ってます。疲れてるって感じでもないんだけど気力がちょっと落ちてる感じ。こういう時もあるかなってやりすごしてますが、ちょっとやだ。

 さて、最近のマイブーム。松浦弥太郎さんです。会ったこともないけれど「暮らしの手帖」の編集長で本屋さんをやってたり執筆家でもある。教育の仕事をやるようになって、若者に伝えるヒントになりそうな本を乱読。そんな中、知った方。仕事に対する姿勢、生き方に大変共感中。
 
 その松浦弥太郎さんの著書「日々の100」

 こだわりのあるモノについて書かれた私物のエッセイ。こういう本大好き。素敵だなって思う方がどういうモノを愛用しているのか?興味ありますからね。
 松浦弥太郎さんと似てるところがあるなんて、おこがまし過ぎるけど、モノの選び方が似てるなぁって思ったところにも共感を感じた。

手帳とかペンとか、どうでもいいって人もいると思うんだけど、日々触れる些細なモノにこだわるってとこがなんとなくね。
 大切にしてるモノについてのこだわりは、その人の考え方が非常によくわかる。僕が大切にしてるモノについて考える事は、ほんとはよく解らない自分の事をよく知る機会になるんじゃないかなとも思った。
 たぶん何度も何度も読み返すんじゃないかという予感してます。「続・日々の100」をAmazonで予約して届いたとこ、それも愉しみ。

 僕が好きな100、そんな感じのコト、書いてみようかな。誰も興味ないだろうけど。
[PR]
by santabreak | 2015-02-15 09:24 | books
サッカー界における顧客の創造 

 前ガンバ社長の金森さんの著書読んでみました。
本屋で見つけて即買い。で、本日東京日帰り出張の帰りの新幹線の中で熟読。
いい本です。
ほんと良い内容です。
金森さんが素晴らしいビジネスマンなんだろうって想像は確信になりました。
サッカーの本っていうよりビジネス書です。
ドラッガーさんや松下幸之助の教えを実体験の中から具現化していく行動力や指導力。
そこに金森さんなりの情があって、人格者なんだろうなって思います。

 僕は、金森さんが社長を辞めた事を寂しく思ってた一人です。
現在、追手門学院大の客員教授で、頑張ってること知ってちょっと嬉しい。
是非、万博スタジアムで、元気な姿を見かけられるようになればなって思います。
金森さん居なかったら、新スタなんて、ほんと夢の夢だったと思うしね。

すべてのビジネスマンに、お勧めします。
[PR]
by santabreak | 2014-09-29 21:22 | books
遅読
 速読って言葉はよく見かけるし、速読法なんて本もたくさんあるし。
 本は好きだし、活字中毒じゃないかと錯覚する事もあるくらい。けど、遅いんです読むのが。人生は限られます。だからその限られた時間で、たくさんの本を読めるに越したことはない。だから速読法だって論法ももよくわかるから、その手のハウツー本に手を出した事もあるけど、まったく習得する事もなく、いつもの自分のペースに戻ってます。
 でも、これでいいのかなぁと。早く読めても機械的じゃつまんないし。

 読書メーターなるものを、使いだしました。読んだ本や読みたい本を登録出来て、そのコメントも書ける。いろんな人とも綱がれるってソーシャルなツールの一種。今年の初めから読んだ本をせっせと登録した結果。一ヵ月に15冊で3242ページ。って記録が残りました。
24時間、寝る間も惜しんで読む事もない。まったく読まない日や、読めない日もある。電車の新幹線、飛行機の中で読む事が多いから、出張が多いと、冊数も増える。ただ、毎月、これくらいは読んでる気はします。
 毎日1時間読んだとして、どれくらい読めるもんなんでしょう?多くの人は僕の倍以上は読めるんだろうなって思います。
 司馬遼太郎さんとか、図書館も真っ青なくらいの蔵書を持たれてる方は、どんな速さなんでしょう?って事が気になった、読書メータでした。

読書メータをみつけたきっかけになったfacebookの僕のアドレスは こちらです。
[PR]
by santabreak | 2012-01-31 23:27 | 気になるKOTO
神保町まつり
c0055882_18125128.jpg

c0055882_1813721.jpg

 東京に来て、これほど好きになった場所はないと思う「神保町」。 なんだかぎゅっとした凝縮感と、同業者多数なのに、競ってないというか共存してる感じが素晴らしいなあといつも思います。本に、ギターに、アウトドアが好きなんだから、ここに来て楽しくない訳がない。

さて、「神保町まつり」&「神保町ブックフェスティバル」行ってきました。どっちがどうだってのはすんません良く解らない・・。
 多くの人が、本に群がっててすごい光景。 たまに古本屋覗いてみることが好きな人には、たまらないイベントだと思いますよ。 いやぁ全国からやってくるそうですし。

 「森崎書店の日々」僕は、この小説を読んで、このイベントの事知りました。うん。
[PR]
by santabreak | 2011-10-29 18:27 | travel
命の授業
c0055882_21383982.jpg

 この週末は、名古屋で行われた中部医学検査学会へ行ってました。
その中での「命の授業」という腰塚勇人さんの講演があって、とっても良かった。
 中学の体育先生だった腰塚さんは、スキーを楽しんでる時に、首の骨を折るという大事故に見舞われた。手術は成功したものの首から下が動かない。
 そんな越塚さんが復活する様を本人自らが語ってくれました。
 
奇跡の復活で、学校へ戻る前に心した誓い。

 「口」は、人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
 「耳」は、人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
 「目」は、人の良いところを見るために使おう
 「手足」は、人を助けるために使おう
 「心」は、人の痛みがわかるために使おう。

これ聴いた時、震えちゃいました。
凄い言葉を知った感動ったらなかったです。


 講演が終わってから本を買ったんだけど、講演の内容そのもの。
すぐに読めちゃうけど、心にずしんと重く響きます。

良い本だと思います。
[PR]
by santabreak | 2011-10-23 21:40 | books
鉄は旨い
c0055882_2236978.jpg

  鉄鍋大好き。ただIHヒーターの東京マンション暮らしじゃ、なかなか使うことが出来ず悶々としてます。
ダッジオーブンの素敵さって、一度使ってその味を知ってしまった人にはコメント不要。重いし面倒だしメンテナンスが大変。こういう面倒な事を楽しんじゃえるがどうかが、趣味になるか否かの違いなんでしょうね。

 さて、この本、ダッジオーブンを主題にしたレシピ本ではあるんですけど、イラストがなんとも素晴らしい。
 エッセイも素敵なんだけど、絵がそれ以上に良い。一度手に取って棚に戻したんだけれど、本屋を出ても、絵が気になって、本屋に逆戻りして、買っちゃいました。
c0055882_22362443.jpg

 絵本の感覚かな。見てるだけで楽しいです。
[PR]
by santabreak | 2011-07-29 22:37 | books
BE-PALも30周年なんだね
c0055882_20483246.jpg

 30年って凄いなぁ。初めてエアメールで通信販売をしたのも、BE-PALで、LLビーンを知ったから。ドキドキしながらアメリカの香りとととも届いたトートバッグやキャンプ用の毛布は、今でも現役。 今では吸わなくなった煙草に使うジッポーのライターの匂いもこの雑誌の記事を読んでの事。
 

 先日、国際フォーラムの医学検査学会に参加した時に、C.W.ニコルさんが話をしてくれた。彼が日本に来た動機や、これまでやってきた事。信念って凄いなぁって思いながら聞いてました。
 人って何か強い信念を持ってて、それを貫く姿勢に心意気をかんじちゃったら、もう応援しようって思うしかないんだと思うんです。日本の自然が危ない、大好きな日本の自然を残したいって思う信念のもと、活動されてる姿が、言葉と想いで伝わってきたら、もうね。
 とっても良い時間でした。

BE-PALって、どこか緩いアウトドア雑誌だと思うんです。てっぺんを目指すぞ!!って訳でもなし。山登りの技術を突き詰めるわけでも無いし。
 それぞれがそれぞれのスタンスで、自然を楽しもうって緩い感じで、でも自然と一緒に生きてる事は忘れるなって。 そういうスタンスに共感しちゃったら、もう応援するしかなないですよね。

 百年以上、続いて欲しいなって思います。うん。
[PR]
by santabreak | 2011-06-10 21:17 | 気になるMONO
街場のメディア論
本の話題です。

本質を語る人の文章は多少難しくてもストンと落ちる瞬間があって楽しい。内田樹さんの「街場の教育論」を読んだ時、明快な論旨に唸りながら読み進んだ事を思い出しました。その内田樹さんが書いた「街場のメディア論」の感想です。

 図書館の存在を漠然と不思議に感じた事があったんです。商業目的だけに出版社が存在するならば、無料で本を貸し出す図書館の存在は矛盾してると。図書館の存在は悪なのかというとそうではない。公的にどこの国にもあると思うし。社会は共存を目指してるようにもみえる。図書館ってなんだ?と。本好きなので図書館が無くなるのは、とっても困るんですけど・・。その答えがこの本に、書かれてます。

 いろんな会社の経営理念を見てみると、「儲けるぞ」なんて書いてない。営利を第一の目的に据え付けると、歪みが出てくる。これまでの僕のちっぽけなマネージメント経験でも痛切に感じます。目先の数字を第一の目的にする人は人間的な魅力が欠けてるようにも思ってます。理念や哲学を貫き通した結果その恩恵として数字として成果があがる、お金含めて。
 だから、お金じゃなく仕事が先なんですね。とは言っても数字の圧力は相当厄介な物で綺麗事で済ませらない状況に追い込まれちゃうから事は簡単ではないんだけれど。

 出版社を含めたメディアの目的は「伝える事」。お金を出して本を買う読者の出発点は無料で読める本からスタートしてる。だから無料で読める場所があっても有料な購買層は無くならないんだとも書かれてます。それに良質な作家の生活はきちんと守んなきゃならないとも。だからメディアの本質はお金儲けじゃない。
 職業として作家が立ちゆかない状況って寂しいなぁとも思う。ただ需要と供給の中で職業が淘汰されるのは、仕方ないかなとも思う。ただ良質で有益な情報が本質を交えて伝えられないのは、とっても寂しいことだし、文化も育たないと思う。良い事悪い事含めて。

 ちょいと考えちゃう本でした。

 そういえば、「ハーバード白熱教室」って哲学に関する番組をNHKが流してた。本質を探ろうとする哲学的なこと、とっても興味あって楽しいです。
[PR]
by santabreak | 2011-01-16 17:28 | books
FREE
iPhone/iPadで、今無料で読めるみたいです。
FREE<無料>からお金を生みだす新戦略。是非。


電子書籍が、ちょっとしたブームになりそうですね。
galapagosやSony Readerなんて国産マシンが登場してきたし。
ん?ソニーって確か別の名前の端末作ってませんでしたっけ?って(おろおろ)

さて、これからどうなるのか?iPhoneで、青空文庫を読んでるので、ちょっと気になってます。
iPadを手にいれてから雑誌や小説が普通に読めるようになれば嬉しいと思ってたんだけど、なかなか実現出来ていない。
期待してるApp Storeに、日本の書籍が並んでない事が理由。どうなってんだろうね?

毎月毎月増える本の置き場所に困っちゃうもんだから、なんとか電子化されてすっきりとパソコンの中に入ってくれると狭い部屋が広くなると思うのね。本棚を眺める趣味もあるので、レコードみたいに少しは残すと思うけど・・。

amazonから、キンドル日本版の発売も予定されてるみたい。たけのこみたいに、にょきにょき出てくるのは世の常としてもゲーム機器みたいに互換性の問題から、あの本はこの機械で、この本はこの機械でって状態にはならないことを祈ります。
[PR]
by santabreak | 2010-12-14 08:28 | books




サッカー好きのガンバサポ。FIAT500とハーレーローライダー(FXDL)とトリッカー、それにビアンキのフレッタが愛車です。空が見えない乗りも物はどうも苦手。そんな日常をGR-DとE-M1それにE-3で。 Fromさんた
by santabreak
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
(543)
(380)
(126)
(116)
(97)
(77)
(75)
(75)
(40)
(35)
(22)
(5)
(3)
(2)
(1)
Link
検索
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング